2017年10月20日金曜日

ディレイラーハンガー曲がって廃車?と焦りまくるも、キタサイクル(大和郡山)で復活できた

kappa(カッパ)が送る節約ロードバイクライフ、今回はついにやってしまったリアディレイラーハンガー曲がりについて。
発見から修理、今後の対策(対策できない?)について。

やったこと


  • ディレイラーハンガーの交換
  • 今回の出費 3,240円
    ディレイラーハンガー交換(部品、工賃含めて)

まがった


朝イチで近所の峠(柏原のぶどう坂)をTT、結構追い込みできた。自宅までの帰り道をヘロヘロ登ってたとき、それは起こった!

ちょっとバランスをくずして左の側溝にハマりそうになる。
慌ててビンディングを外して体は無事。しかし、バイクanchor RHM9が側溝にハマる。
リアディレイラーちょっと擦れたなーと思って、また乗り始め。しばらく普通だったが、インナーローだと、リアホイールのスポークに何か当たる音がする。スピードセンサーのマグネットを疑うがハズレ。どうやらリアディレイラーハンガーが当たってるらしい。で、チェーンがロー側に落ちる。
やっちまった、ディレイラーハンガー曲がった。

症状

  • スポークにリアディレイラーが当たる(音で気づく)
  • チェーンがリアホイールのロー側に落ちる
  • トップ側はチェーンがフレームにこすれる(摩擦で重くなる)

応急対応

  • リアのロー側のギア2枚を使わない。
  • 自走は可能だがディレイラーがホイールに巻き込まれると、危険だし、フレームが割れる可能性もあり。 すぐにディレイラーハンガーの交換が必要。

修理


最初はディレイラーハンガーの交換、自分でやってみようとしたが、2つほど問題があり断念。

  1. 交換用のディレイラーハンガーがわからない。
    ネットをみてもメーカー、モデル、年代などで形状が変わるとのこと。ましてや通販だと、合わない可能性が大きい。
    幸い、国内メーカーだし、メールでブリヂストンに問い合わせするも、「購入店で取り寄せてね」と冷たいお返事
  2. カンパニョーロのリアディレイラーの取り外しは、六角レンチ(アーレンキー)ではできない。トルクスレンチという星型のレンチが要る。次いつ使うかもわからない工具を揃えるのは無駄かなぁ。

で、敷居が高いが、困ったときはここ→キタサイクル

キタサイクルはアンカーの正規ディーラーなので、ディレイラーハンガー手に入ると思い飛び込み。
メーカーに問い合わせてもらったら、なんと年式が古すぎて(カッパのRHM9は2006年式)補修部品の保管期限が切れており、メーカーにも無いとのこと。
ディレイラーハンガーなければ廃車か。。。と、目の前が真っ暗に。ここからがキタサイクルの神対応。

  1. 折れるかもしれないが。真っ直ぐに曲げ直す
  2. お店にあるディレイラーハンガー(メーカー純正ではないが)でなおるかも?

ダメ元で選択肢2を頼むと、すいすいっとものの5分でディレイラーハンガーの交換完了。ディレイラーハンガーと工賃込みで3,240円なり。 曲がったディレイラーハンガーももしもの時のためにとっときと言われてもらって帰る。

今回は自走で修理持ち込み、ディレイラーハンガー交換と、うまく行った。
今後、もし出先でまたディレイラーハンガー曲がったり、最悪折れたときの対応として、こういうグッズもあるみたい。
エマージェンシーディレイラーハンガー


ただ、リアディレイラーの取り外しと取り付けするにはトルクスレンチいるし、自分でディレイラーハンガー取り付け取り外しやったこと無いのに出先でできそうもないので、購入見送り。

とにかく、今回はキタサイクルさんの神対応に感謝感謝です。
もしも3号機買うときは、キタサイクル!(早くて5年後かな?)

「日本国債」幸田真音

カッパ(kappa)の節約ロードバイクライフ、今回は、ロードバイクネタではありません。
個人インデックス投資家として参考になった本を読んだので、その感想など。

「日本国債(上・下)」幸田真音(講談社文庫)





(あらすじなど)

引き込まれる導入部、国債の入札時のディーリングルームのディティールが鳥肌もの、そして、遂に起こった国債の未達!!

取材裏打ちされているであろう、細かい描写で、国債の入札とその周りの状況がとても臨場感を持って読者に迫る。
とくに未達の発生前後の描写は手に汗握る。

後半の種明かし以降はかなりの尻すぼみに感じたが、前半ハラハラさせてもらったので良し。

これまでずっと知りたかった国債が暴落した場合の市場と、実体経済への影響がとてもリアルに感じられ、まあ、そういう感じかーって受け止めれた(本書がフィクションのため、著者も書けたんでしょう)

市場への影響


日本株市場の急落、円安、日本国債安、のトリプル安(最近のマスコミは、こればっか)

カッパの投資戦略との関係

カッパは全世界の市場に分散投資してるので、円安になった分、むしろ実質資産は増えるんじゃないかと妄想が膨らむ。
日本国債の暴落で長期金利が急上昇すれば、住宅ローン破産する人が出てくるだろーし、不動産への需要も減るだろうから、バーゲン価格で自宅を買うチャンスもあるかも?(基本、賃貸暮らし予定だが、バーゲンでなら買っても良いかも?)

実態経済への影響


感覚としては、バブル崩壊時の拓銀や山一證券の破綻のときの景気後退と株安に近いのかな。。。

当事者はとても大変だろうけど、まあ、世間一般は、ああ、不景気かぁ、みたいな。

実際、この本の出版が2003年、現在2017年、日本国債は未だバブル状態で残高は積み上がり続けている。日銀の総裁が黒田氏になってから、日銀が直接引き受けてんじゃねーかってくらいだが。。。

日本の債券市場特殊性もよく分かる良書であった。

2017年10月15日日曜日

固定ローラー Tacx SATORI インプレ

カッパ(kappa)のお送りする節約ロードバイクライフ、先日導入した固定ローラー台Tacx SATORIを使ってどうだったのかのお話。

結果は、効果絶大!!

関西では有名なヒルクライムの聖地、十三峠でのT.T.で、48秒の大幅な自己記録

自己ベスト 20:00 → 19:12

トレーニングメニューは、中1日か2日開けて、アップ10分(L2)心拍L4の強度で10分間回す、5分レスト、L4で10分回す、5分レスト、という単純なもの。パワーメーターないので、心拍数がたよりだ。

固定ローラー台導入前は、仕事の休みの日の実走(天候や体調などもあり月5日程度)と、筋トレくらいだったが、心肺機能がすぐ落ちるので、毎回実走で心肺機能向上→ 走らないので機能低下 → 向上 → 低下 の繰り返しだったんでしょう。

固定ローラー台あると、実走(向上)→ローラー台(向上or維持)→実走(向上)と、正のスパイラルに乗って登って行けそう。どこかで頭打ちになるだろうけどね。

GARMIN edge500 サイコンインプレ

カッパ(kappa)の節約ロードバイクライフ、遂に憧れのGarminサイコンデビュー!

やったこと


  • GARMIN edge 500 購入
  • 今回の出費 12,691円
    購入先 ヤフオク!


edge 500"J"ではないので、日本語版ではないが、まあ、なんとかなった。
心拍計がGarmin vivosmart HRJで日本語版を使ってるが、英語表示で使ってるし、設定のときだけちょっと大変だったかな?

昨年、購入したGPSサイコンBRYTON rider 100

ホームページが怪しいが、STRAVAにも自動で同期するし、特に不満も特になく使ってたのです。が、

なんとなくヤフオク!見てたら、GARMIN edge500のスピードケイデンスセンサーとハートレートセンサーとのバンドル版がやすーであるやないですか。


やっぱしGARMINやろってことで、ポチッてもたー。

セットアップしてGarmin connectに繋いでみたら、GARMIN良いなー!

Garmin connect イロイロ見やすい。

シームレス過ぎて、よくわからないが。。。

GARMIN edge 500 インプレッション


good
  • データを全て(心拍や、歩数、睡眠)garmin connect で一括管理、スマホで確認出来る。

    vivosmart HRJで心拍と睡眠のログも取ってるので、バイクのログも同一アプリで管理できるのはデカイ。
    バイクだけならSTRAVAだけでも充分な気がするが。。。
  • 本体に温度計、気圧計が搭載されているので、勾配、気温、標高のデータが取れる。

    勾配がリアルタイムで分かるの、は特に嬉しい。
  • 一覧表示が最大で8項目表示出来る。
  • マウンターが豊富でアマゾンで選び放題
bad
  • 接続がミニUSBコネクタ
  • WIFIとblietoothが非搭載なため、データの転送は、PC経由。

とにかく丈夫らしいので、今度こそ末永くお付き合いしていきます。

クネゴ選手のお気に入りでもあります!

2017年10月11日水曜日

曽爾高原へのロングライド 後編(2017年10月11日)

カッパ(kappa)のお送りする節約ロードバイクライフ、今回は毎月一度のロングライドレポート。
カッパは、月に一回ロングライドに行ける自由時間をもらっている。
今回のロングライドは、いまが旬な曽爾高原のススキを見に行ってみることに。

前編はこちら → 曽爾高原へのロングライド 前編 2017年10月11日(曽爾高原直前まで)

後編

メカトラ(チェーン切れ)で走行不能となったロードバイクを抱えて困り果てるカッパと曽爾高原の地元の方々との交流記となった。

ミッション


チェーンの切れたロードバイクと共に、曽爾高原から自宅(奈良県生駒郡三郷町)まで帰るというミッションに替わった今回のロングライド。

しかも、携帯圏外。。。

ナビに使ってるruntasticにマップをダウンロードしてて良かった。
とりあえずは、近くにある曽爾高原ファームガーデンまでなんとか行ってみることにする。
数百メートル登ったら、あとはほぼ下りで、すぐ到着。

で、見つけたバス停を見ると、行き先が名張駅で1日に15時半の一本のみ。まだ12時前なのでここでバス待つなら3時間半待ち。。。。

で、不安定ながら携帯の電波掴んだので、グーグルマップで自宅までの経路検索。
近くのバス停までいけば、14時21分発の名張駅行はあるとのこと。
バス停まで行ってみる事に。

太良路(三重交通)バス停。


すると、バス停の目の前の商店に、ロードバイクの絵共に、サイクルステーションの文字が!


修理工具の貸出もされているとのことだが、切れたチェーンを繋ぐリベット?がなく、ミッシングリングもないので修理出来ず。

そこに、なんと、今から名張駅(約18キロ遠方)まで行くという軽トラに乗ったおっちゃんが来店。
事情を話すと乗っけてってくれるとのこと。

途中で小太郎岩や、台湾から飛んで来るという渡り蝶々アサギマダラなど、観光案内もしてもらえる。
なんでも、曽爾の風景をつくり隊というボランティアで曽爾高原を盛り上げてるそうで、ボランティアの方々のお弁当を分けてもらうなど、手厚くもてなされて恐縮。

アサギマダラ(渡り蝶々)が来るという花畑。


名張駅の近くの自転車屋さん知ってるからと、わざわざ自転車屋さんにまで連れてって貰う。
カンパニョーロの10速のチェーンが、ママチャリしか置いてない町の自転車屋さんで直るかスッゲー不安だったが、ものの5分で繋いでくれて感謝感激。
工賃500円で良いと。
大五サイクル

ただ、チェーンが歪んでるので、長距離は不安なため、(もし山奥でチェーン切れたら、それこそどうしようもない) 自転車屋さんと軽トラに載せてくれたおじさんにお礼を言って、名張駅まで走って輪行で帰ることにする。

ここから関門がもう一つ。

輪行したことないし(今回が初輪行)、今日は輪行バッグを持ってない。
多分そのまま自転車載せたらだめやったような。。。

駅前のコンビニで大きいゴミ袋(45L)、ロープ、ガムテープ、ハサミを買い、自転車の前後輪を外して、ゴミ袋で輪行バッグを 作ってみた。

ゴミ袋で自作の輪行袋


駅員さんには、あえてこちらからはこの状態で電車に載せて良いかは確認せず、もし怒られたら謝るスタンスで電車に乗ってみる。
まだ電車が混みだすまえの時間で良かった。しかし、デカイな。

名張駅から近鉄特急で大和八木駅へ。
電車だとあっという間だな。(23分)



自宅最寄り駅まで着いたあとは、ゆっくり漕いで無事自宅までロードバイクと一緒に帰れた。

教訓


  • ロングライドのときは、チェーンカッターあったほうが良い
  • 輪行袋もあったほうが良い
  • 三重方面いくなら、近鉄特急利用すれば行動範囲とっても広がる